吸血鬼×百合漫画ではどこから血を吸っているのか

 

吸血鬼と百合は、非常に相性が良いですね。

相性が良いからなのか、最近すごくたくさん出ていますね、吸血鬼×百合漫画。

吸血鬼のみなさまが人間のどこから血をすっているのか気になるので、調べてみました。題して「吸血鬼×百合漫画ではどこから血を吸っているのか ~個人的な感想を添えて~」です。

それではどうぞ、めしあがれ。

 

キダニエル『かみつき学園』

・血を吸う場所:首・脚・腕・つま先

エピキュリアン(吸血鬼)とニンゲン(人間)が共存する世界のお話。エピキュリアンにとってニンゲンはペットでありゴハンでもあるような存在(つまり家畜)で、エピキュリアンの少女である主人公が通う神月学園には、ひとりのエピキュリアンに対しひとりのニンゲンが「パートナー」として支給される制度があります。力関係は「エピキュリアン>ニンゲン」なのですが、ニンゲンの血を糧に生きているエピキュリアンにとって、脆弱なニンゲンは欠かすことができない資源なので、保護し慈しんであげるべき存在として認識されています。ご主人さまとペットみたいな感じですね。主人公の同級生曰く「ニンゲンは寂しいとしんじゃう」のだそうです。うさぎさんかな?

血を吸う場所はそのときによって色々みたいです。定番の首だったり腕だったり脚だったり。どこからでも。

『かみつき学園』は吸血鬼要素のある百合漫画の中で、個人的にいちばんすきな作品です。全2巻で完結済みですので、吸血鬼や百合がすきな方はぜひぜひ。

 

松本トモキ『制服のヴァンピレスロード』

・血を吸う場所:首・指・太もも

ジャージ推しの男性吸血鬼に血を吸われたことで、不老不死の吸血鬼となってしまった高校生のユウナギ。友達に「実は吸血鬼になっちゃってさ~」と、さくっとばらしたりする。友達もすぐに信じる。順応はやすぎませんか?ついでに主人公は女子高に通っており、女の子たちから非常にもてます。主人公も可愛い女の子がすきです。よきかな。

ちなみに主人公は吸血鬼に血を吸われて吸血鬼になるのですが「人間は吸血鬼に血を吸われると低確率で吸血鬼になる。日本だと10年にひとりそうなるかならないかくらいの確立」という設定。血を吸われたからといって全員が吸血鬼になるわけではないようです。

血を吸う場所は主に首ですが、指や太ももからも吸っていたので「首じゃないとだめ!」というわけではなさそう。

 

嵩乃朔『吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん』

・血を吸う場所:太もも・首・ほかにもいろいろ

蝶鬼(吸血鬼)の美少女アイリスと、なし崩し的にその花贄(ハナヨメと読む)に選ばれてしまった人間の沙羅。蝶鬼の花贄になったら、一日に一度は吸血されないといてもたってもいられない身体になってしまうそうです。ほかにも蝶鬼と花贄には色々な秘密があったりして、1巻を読んだ感じでは今後シリアスな展開になってゆくのかなという印象でした。

吸血行為というものは、少なからず艶っぽい印象を与えます。『吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん』の吸血シーンも例に漏れず……といいますか、なんというか「ごちそうさまです」という感じでした。血を吸う場所はどこでもOKのようで、各話違うところから血を吸っていましたね(太もも→首→???)。実際に血を吸わずともお腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした。

 

あきやま『キリング・ミー!』

・血を吸う場所:首

吸血鬼の少女とヴァンパイアハンターの少女は、夜な夜な戦闘を繰り広げている……はずなのですが、ヴァンパイアハンターのことを気に入っている吸血鬼ちゃんは、仲良くしたい様子(ついでに血も吸いたい)。ヴァンパイアハンターちゃんは「吸血鬼は絶対にころす!なぜならそれが使命だから!」と体調不良で弱っているところに攻め入ってみたり、色仕掛け(?)をしてみたりするのですが、吸血鬼ちゃんの方が一枚上手なのでなかなか使命を果たすことができません。ちなみにこのふたり、同じ学校に通っています。なぜだ。

吸血シーンはあまりありません。血を吸うときは首からのようなのですが、怪我をして血がでた箇所をなめて「おいしい」と言ったりするので、首由来の血(?)でなくてはいけないというわけではなさそうです。

ちなみにこちらの作品、作者さんのご都合で突然連載が終了してしまったそうで……続きが読みたかったな……。とはいえ1巻だけでも楽しめますので、百合がすきな方と吸血鬼がすきな方はぜひ。

 

甘党『となりの吸血鬼さん』

・血を吸う場所:冷蔵庫に保管している血を飲む

アニメ化おめでとうございます。秋アニメなのでもうすぐでしょうか。楽しみです。

人間ちゃんが押しかけてひょんなことから一緒に暮らすことになった吸血鬼の少女と人間の女の子の、ゆるくてたのしい日常ストーリーです。お人形みたいな吸血鬼のソフィーちゃん可愛い。人間の灯ちゃんはちょっとへん。

肝心の吸血なのですが、基本的に人間からは血を吸いません。冷蔵庫で保管している血(ネット通販で購入)を温めたり冷やしたり凍らせたりして飲んでいます。曰く「いまどき首に牙を立てて食事をするなんて時代遅れ」だそうです。吸血鬼の世界にも、そういうのあるのですね。人間とは「時代」の単位が違いそうですけれども。

そういえばソフィーちゃんの友人(?)の吸血鬼は、ソフィーちゃんの首から血を吸っていたのですけれども、吸血鬼は吸血鬼からも血を吸うのですね? 共食いかな?

 

雨宮結生『吸血鬼はじめました』

・血を吸う場所:指・(首)

吸血シーンが基本指から。わかる! 指いいよね! 飲みやすいし!

しかし吸血鬼のマリーさん曰く「正式には首から。元々は胸からが正式な方法だったのだけれども、寝ている相手以外にはやりづらいので首から吸うのが主流になった」のだそう。でも指からがいいよ。ダバァしないですし。今後とも指から血を吸ってくれることを願っております。

『吸血鬼はじめました』のタイトルの通り、主人公はマリーさんに血を吸われて吸血鬼(厳密には半分人間・半分吸血鬼の状態)になってしまいます。主人公はもともと人見知りで友だちがいなかったのですけれども、吸血鬼になったことがきっかけで同じクラスの子と仲良くなります。そして血も吸わせてもらいます。作中でも主人公が言っていますが、吸血鬼になってよかったねという感じです。

ちなみに主人公を吸血鬼にした張本人のマリーさんは、吸血欲を満たすために牛乳を飲んでいました。確かに牛乳だって、もともと(?)は牛の血液ですからね。ということは人間の

 

わさも『ヴァンパイアちゃんが狙ってる。』

・血を吸う場所:採血したものを紅茶などに入れて少しずつ摂取・首

よく見たら表紙で縛られている……。人間の血を一度も吸ったことのない吸血鬼と、そんな吸血鬼に恋をされてしまった人間のお話。なぜか縄が良く登場する。そして吸血鬼ちゃんはよく鼻血を出して貧血になります(?)。

吸血方法なのですが「直接血を吸ってしまうと吸血鬼になってしまう可能性がある。それだと困る」ということで、一旦採血したものをちびちびと飲んでいました。採取した血は冷凍保存しているそうです。ちなみに作中に登場する『可愛い吸血鬼との暮らし方・しつけ方』という怪しげな書物によると「吸血してもらう場所は首筋が一番おすすめです」だそうですよ。「おすすめ」ということなので、ほかの場所でも駄目ということはないのでしょう。

それから先日の雑記で「血を吸うときには、点滴の針を人間の腕に刺し、任意の長さにカットした点滴用の管をストロー代わりにして飲めば良いのでは」というようなことを書いたのですが、『ヴァンパイアちゃんが狙ってる。』の中でそれと似たようなことをしようとしていたシーンがあって笑いました。何を隠そう、この漫画を読んだのは件の雑記を書いた翌日のことなのですよ。なんてタイムリー。

 

 

結論:みんな結構いろいろなところから自由に血を吸っているね!

 

ほかにも吸血鬼×百合な、すてき物語がありましたら教えてください。百合に限定しないとすると、『ポーの一族』や『ときめきトゥナイト』が思い浮かびます。どちらも随分昔に読んだきりなので、久々に読み返したい気分です。